2020年8月6日、沖縄で休業要請が続いている、飲食店はどうしたら生き延びていけるのかについて考えてみた・・・!

最終更新日

2020年8月6日、沖縄で休業要請が続いている、飲食店はどうしたら生き延びていけるのかについて考えてみた・・・!

・3蜜を避け、安全な環境を準備する事は当然だが・・・!

・飛び入り客の受け入れをやめ、安全に予約席(客)のみの対応に変える・・・!

・保険会社はそんな店の感染保険を作り店舗に加入してもらう・・・!

・保険に加入した店は500円のお通しを提供し保険代と環境維持改善に充てる・・・!

・感染してしまった客はその店の加入する保険から被害の代償を受け取る・・・!

・・・他のことを考えてみよう・・・!

・店に行けない遠方の顧客に向けた定期の献立メニューを冷凍冷蔵で販売する・・・既にやっている店もあるだろう・・・!

顧客の手元に届いたその食事を食べてもらいながら店主は接客(ゆうたく)する・・・!

・店のメニューを最小限絞り込み(場合によっては1品もあり得る)少人数で運営できる専門店化し、店内・テイクアウト・ネット販売・宅配などの手法を使い、売り上げを獲得する・・・!実際に専門店化し以前より売り上げを獲得している店もある・・・。

・実店舗を閉め、通販専用の冷凍冷蔵食品を作り、自宅でネット販売のみを行う・・・!

・既にあるが、プロの料理人の訪問調理代行・・・!

・1日数名限定のコース料理(1~2万円)のスタイルに変える・・・!

・1日1組の5・10万円のコースを提供する・・・!

・営業時間を変更する・・・!

・・・こんなことも考えてみよう・・・!

・自宅以外の飲酒を国が禁じ外食では水かソフトドリンクの提供にすることでテイクアウトした食事(料理)を自宅で食べる生活習慣に完全に切り替える・・・!

・ビール会社は注文されたビールを定期販売で最寄りのスーパーやコンビニからそのお宅へ配達してもらう・・・!

  • 国が冷凍庫を全世帯へ配り、全国の飲食店の冷凍お取り寄せをストック出来る環境を作り、販売促進キャンペーンをやる・・・!

・今日は、沖縄で休業要請が続いている、飲食店はどうしたら生き延びていけるのかについて考えてみた・・・!

ippinokinawa-ad