沖縄での楽天市場の送料無料ライン全店舗統一について・・・!

最終更新日

・2020年3月18日から、楽天市場の送料無料ライン全店舗統一になる予定・・・!

・・・

・そのラインは購入金額3,980円以上が送料無料となる、楽天市場の今回の施策・・・!

・・・

・さらに、送料無料で追い込まれる沖縄のネット販売事業者・・・!

・・・

・その背景には台頭する、Amazonの影響が大きい・・・

・・・

・Amazonは、プライムサービスで会員から年会費を取ることで送料無料を実現している・・・!

・・・

・そしてそのAmazonには国内外の既製品は殆どと言っていいほど揃っている・・・!

・・・

・実質、ネット販売の自動販売機だ・・・!

・・・

・カゴに入れた商品は、Amazonの倉庫に在庫があれば同梱され1個の箱で届く・・・!

・・・

・便利そのものだ・・・!

・・・

・利用するユーザーにとっては、日々進化するサービスはありがたい・・・!

・・・

・一方、今回の楽天市場やそのAmazonに、出品する事業所の立ち位置は厳しい・・・!

・・・

・一番購入してくれる首都圏に一番遠い、沖縄w・・・!

・・・

・ネット販売の1番の課題、その送料問題は深刻になるだろう・・・!

・・・

・3月以降、販売方法や価格設定などの根本的改善が必要になる・・・!

・・・

・出店事業所は、売り控えや値上げ等が予想される・・・!

・・・

・楽天市場内では、もしかすると3980円の様々なセット商品のオンパレード・・・!

・・・

・100円ショップならぬ、3980円ショップ化するかもしれない・・・!

・・・

・毎月繰り返し購入される定期商品(食品・家庭用品等)・・・!

・・・

・国内のいろんな商品のお試し価格の基準にもなるだろう・・・!

・・・

・今の時期だと、しゃぶしゃぶのセットなど・・・!

・・・

・・・

・・・

・果たして事業者は利益が取れるのだろうか?・・・!

・・・

・今回の送料無料をきっかけに、ネット販売事業者の出店構成への影響はどうなるだろう・・・!

・・・

・粗利の低い、小売店はこれまでの倍以上の売り上げが必要になるかもしれない・・・!

・・・

・売り上げを倍増するのは容易ではない・・・!

・・・

・その為、ネットでの販売をやめてしまうかもしれない・・・!

・・・

・その結果、これまで売ってくれてた卸先が減る製造メーカーや農業・漁業事業者・・・!

・・・

・自らネット販売を行う事業者がいるかもしれない・・・!

・・・

・・・

・・・

・どの地方の街にもあった小さな商店がなくなり、郊外の大きな店舗に市場が淘汰された事とよく似ている現象だ・・・!

・・・

・・・

・・・

・吹き飛ばされる程の風が吹くかもしれない・・・!

・・・

・国内ネット販売のシステムそのもののリセットになるのか?・・・!

・・・

・・・

・・・

・ネットでモノを購入するユーザーにとっては送料無料が常識となり・・・!

・・・

・そのモノを作る事業所は、それに対応出来るところだけがネット販売を活用する・・・!

・・・

・ネットでのモノの販売が始まって20年ほどが過ぎた・・・!

・・・

・ネット販売のプラットフォーム(Amazon・楽天市場・ヤフーショッピング等)送料を無料にする事で、増え続けるコンビニやスーパーマットと業界との市場争いを激化させるだろう・・・!

・・・

・ネットを利用する・「したい」、ユーザーのリクエストに応えた今回の楽天市場の施策だと思う・・・!

・・・

・・・

・・・

・吾輩は・・・!楽天市場の送料無料ライン全店舗統一について・・・!

ippinokinawa-ad